マンション管理士は女性が今後羽ばたける資格です

マンション管理士は、全国に無数に存在するマンションという、尽きない職場を利用した資格であり、安定した就業先の確保という意味で今後とてもチャンスがありそうな資格のひとつです。

◎ただし、この事実にまだまったく気が付いていない人たちがいます。それは「女性」ですね。

マンション管理士の資格試験には、性別による制限はまったくありません。もちろん就職する際に差別を受けることもありません。しかし、女性はまだマンション管理士の世界では相当の少数派にとどまっていますね。

これは今にはじまったことではないのですが、かえすがえすも残念なことです。女性が男性とほとんど何の分け隔てもなく評価してもらえるチャンスがある職業です。もっと女性にマンション管理士の仕事のすばらしさや資格の有効性に、関心を向けてほしいものです。

それに女性のほうが上手にできる仕事も、探してみれば出てきます。たとえばマンションの設備面での配慮を考える作業なんかは、どうでしょうか? このような仕事は、主婦として集合住宅に生活してきた経験がある人にこそ向いている仕事です。マンションの日常で、どんな光景が繰り広げられているのかよく知っているわけです。それに、細やかな気遣いがものを言う仕事は、女性にはとても適していますね。

マンション管理士の仕事についている女性は少数であれば存在しますし、ベテランとして多大な実績を上げている女性もいます。こうした女性たちがなかなか脚光を浴びる機会がないことも、現状の女性の少なさに関係しているかもしれません。しかし現役で活躍する女性たちも、もっと同性の仲間に増えてほしいと思っている模様です。このページを読んでいる貴女にも、チャンスはたっぷりと転がっているものと受け捉えていただきたいと思います。

前のページ |15| 次のページ