択一式対策は問題を解くだけではNG!“選択肢の研究”が不可欠

マンション管理士試験対策の基本は「択一式の攻略にあり」と言っても過言ではありません。

おそらくこれからマンション管理士試験を受験される皆さんも、この択一式対策を重視し、過去問演習などに注力されていることと思います。

ところで、過去問を解く場合、どうしても「どれだけの数をこなせたか」にばかり目がいき、肝心な「習得度」については二の次になりがちです。
ここでは、マンション管理士試験における≪正しい択一式対策≫について、検討することにいたしましょう!

0a287e186211bceff132adb02e0954be_s

◎重要なのは「過去問の出来」ではない

マンション管理士試験の過去問対策では、択一式とはいえ、いくつかの選択肢の中から適切な答えを見つけられれば良いというわけではなく、一歩踏み込んだ学習が不可欠です。
というのも、過去問演習で見た問題がそのまま、本試験で問われるわけではないからです。
実際の試験では、過去問で出題された論点が姿形を変えられて再出題されます。

つまり、重要なのは「過去問で合格点を取れるかどうか」ではなく「本試験で頻出の論点に着目できるかどうか」のため、過去問演習においても後者に対応できる実戦力を身に着けていく必要があるのです。

◎択一式対策では、「一問一答」並みに選択肢について深く学ぶべし

それでは、マンション管理士試験における択一式対策として、正しい方法とはどのようなものなのでしょうか?

その答えは「一問一答形式での演習」です。
それぞれの選択肢について、正しい内容なのか、間違っている内容なのかをしっかりと見極めます。
その上で、正答でない選択肢についてはどこが違うのかを検討していきます。

このように、一つひとつの選択肢に向き合うことで、本試験においても応用可能な実戦力が育ちます。
択一式対策の過程においては、つい“設問に対する正答が分かるとその他の選択肢には目も通さない”といった手抜きをしがちですが、それではいけません。
一つひとつの選択肢から最大限に学ぶつもりで、着実に取り組みを進めていきましょう。

前のページ |21| 次のページ