ベテランなら年収800万円も!マンション管理士は“食える資格”です

マンション管理士を目指す皆さんにとって、「年収」という要素はおそらく最大の関心事なのではないでしょうか?

「仕事をしようにも食べていけなければ意味がない」
「資格を取得するのはいいけれど、マンション管理士としてしっかり年収増を狙えるのか」
など、受験生にとっては疑問がたくさん。本当のところはどうなんでしょうか?

bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_s

◎100万未満から1,000万円まで。マンション管理士の年収は十人十色

マンション管理士資格を活かした働き方の代名詞といえば「独立開業」ですが、そうなると「このくらいがマンション管理士の年収だよ」とひとくくりにするのが難しくなります。
それもそのはず、仕事へのそもそものスタンス、働く時間、仕事の取り方等、働き方が全く異なる状況下においては、年収の平均値等をデータ化すること自体あまり意味のないことであると言えます。
会社員の場合には、誰でも概ね同じ時間働いているわけですから、その中で年収の高低を比較することができるわけです。

実際、マンション管理士として独立開業した方々の年収といえば、タイトルの通り「100万円」にも満たないケースから「1,000万円越え」といったガッツリ系の方まで様々。
皆さんは、どんな働き方でどの程度の年収を望むでしょうか?


◎マンション管理士は“食える資格”

よく、「マンション管理士で食べていけるのか」といった議論が交わされることがありますが、結論としてはマンション管理士資格について「十分に稼げる資格である」ということができます。
もちろん、コネの有無や営業ノウハウによって得られる仕事量は左右されるでしょうが、今の時代、これだけマンションが乱立している状況ですから、マンション管理の専門家の活躍の場は大いに広がっていることは言うまでもありません。
今後、資格で食べていきたいアナタにも、安心して挑戦していただける資格であると言えます。

前のページ |18| 次のページ