マンション管理士の難易度は本当に高いのか?

マンション管理士の世間でのイメージも数少ないですけど、そのひとつに「難易度が高そう」というがあります。
それでもマンション管理士は、敷居が高くない資格だと思います。これはつまり、マンション管理士の世界は部外者の人たちでも入っていきやすい資格だという意味です。
専門性の高い資格ですけど、マンションという市民にとって珍しさのない建物の管理をするための資格で不動産とか建築とかの世界の他の資格は、もっと素人が近寄りがたい資格がいっぱいあります。

マンション管理士の資格に興味をもっても、すぐに離れてしまう人たちが多いのは、やっぱり難易度が大きそうです。
マンション管理士の資格を取ることはそんなに難易度が高いのかどうかをここで整理しておきます。
マンション管理士の難易度の目安は、試験の合格率がいちばんでしょう。

  受験者 合格者 合格率 合格ライン
平成14年度 53317名 3719名 7.0% 36点
平成15年度 37752名 3021名 8.0% 38点
平成16年度 31278名 2746名 8.8% 30点
平成17年度 26184名 1909名 7.3% 34点
平成18年度 21743名 1814名 8.3% 37点
平成19年度 19980名 1479名 7.4% 36点
平成20年度 19301名 1666名 8.6% 37点
平成21年度 19120名 1444名 7.6% 34点
平成22年度 17704名 1524名 8.6% 37点
平成23年度 17088名 1587名 9.3% 36点

この表はこれまでの10年間のデータです。どの年も、10人に1人も受かっていないことが一目瞭然ですね。
これを見ていると、いっぺんにやる気がそがれてしまうでしょうか? 

でもそれはちょっと軽率でしょう。ちゃんと受験勉強をして受けに来ている人ばかりじゃありませんし、それに、マンション管理士の試験は、ほかの難関資格と比べたら難易度が高いとは言い切れません。
試験は選択式の問題ばかりで論述問題や実技試験等もありませんし、会場で電卓でも使って計算をしなければならないようなこともありません。それに、合格点も毎年意識的にコントロールされていて目標を決められる試験ですから、難易度が高そうに見えてもマンション管理士は狙いやすい試験になっています。

マンション管理士の世界も少し先の将来は、今より入りにくくなる可能性も(もしかしたら)あるかもしれません。
他のページでも書きましけど、ずっと前に建設されたマンションの管理人が全国各地で不足していますから場合によってはマンション管理士になろうとする人たちが急増することもあるかもしれません。
あわてて受けに行くよりは今のうちに受かったほうが得でしょう。

前のページ |4| 次のページ